PRODUCTS

Racing Equipment Design リアロアアーム〔RLA-S01A〕

【 リアロアアーム (RLA-S01A) 】

 

左右のキャンバー角を任意の値にセットアップ

サスペンションジオメトリーを変化させる事なく
最大約30mm 最小約10mmのローダウンを実現

 

 

 

 

 

トヨタ86やスバルBRZは、ノーマル時でもリアのキャンバー角に左右差があり、調整箇所も無いことから、適正値に補正する事ができません。 また、ローダウンするとリアキャンバーが過大となってしまい、その左右差も大きくなる傾向があります。 純正リアキャンバーが過大となってしまい、その左右差も大きくなる傾向があります。 純正リアロアアームから本製品に交換すると、ローダウンした事で事で変化したキャンバー角の補正だけでなく、左右差を無くした正確な値に調整する事が可能となります。 また、サスペンションロアボルトの取り付け位置を35mmオフセットさせているので、サスペンションジオメトリーを変化させずに、最大約30mm、最小約10mmのローダウンを実現しました。 これにより、同じ車高に対するアライメント変化量も最小限に抑えられ、サスペンション本来の性能を最大限引き出す事が可能となります。

 

商品名 リアロアアーム〔RLA-S01A〕
商品コード

401010

適合車種

トヨタ       86                              〔ZN6〕
スバル       BRZ                            〔ZC6〕
                インプレッサ                〔GRB/GRF/GVB/GVF/GH7/GH8/GJ7/GP7〕
                レガシィB4                  〔BM9/BMM/BMG〕
                レガシィワゴン             〔BR9/BRM/BRG〕
                レガシィアウトバック    〔BR9/BRM/BRF〕

注 :86/BRZマイナーチェンジ後、または「型式指定番号・類別区分番号」に記載が無い車両は、改造車検対応書類が適合しない為、車検適合外となります。

仕様 ピロボール / ターンバックル / 改造車検
税込本体価格 ¥71,500
備考

サスペンションロアボルト取付け位置35mm下げ。

ナックル側 高さ2段調整。

 

 

 

サスペンションジオメトリーを変化させる事なく
純正ロアアームより最大約30mmのローダウンを実現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『高品質・高強度』信頼のオールジャパンメイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支持部のピロ化でアライメント変化を抑制
ピロボールは信頼の高品質NMB(ミネベア)製を採用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナックル側にも2段階の調整を設ける事で、
サスペンションセッティングの幅を更に広げます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


純正部品表面処理工場による
優れた『防錆・防食』性能を誇る下地処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車体から取り外す事なくキャンバー調整が可能
これまでに感じていた調整時の煩わしさを大きく軽減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンパー下からのぞく鮮やかなグラデーションが
バックショットのドレスアップ効果に大きく貢献

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

= 改造車検について =

本製品に付属の【『記載事項変更書類』申請書】と装着車両の【車検証のコピー】を合わせて弊社にFAX又は郵送にて提出して頂くと、装着車両の車体番号を記載した書類【 改造概要等説明書(改造自動車等審査結果通知書)】を送付致します。 この書類は自動車検査独立行政法人にて改造自動車の審査を受け合格した通知書ですので、この書類と車両をナンバープレートの管轄の陸運局(運輸支局)に持ち込むだけで改造車検(記載事項変更)を受ける事が出来ます。 記載事項変更は車検の有効期間を変える事無く申請が可能で、新たに発行された車検証は型式の末尾に『改』が付きます。 (トヨタ86の場合は『 DBA-ZN6改 』となります)  ※本製品は基本的には『記載事項変更』にて車検に対応しますが、検査の際に本製品以外の部品により諸元(車両の長さ、幅、高さ、重量等)が変更になる場合には『構造変更』となる可能性もございます。 (例:エアロパーツによる車両寸法の変化、車高調による車高の変化、その他パーツによる重量の増減等) 詳しくは取付を行なうショップや管轄の陸運局にお問合せ下さい。

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • Rakuten